群馬県の建設業許可、更新、経審、変更届、社会保険加入なら高崎行政書士事務所にご相談ください。

絶対取るぞ!建設業許可@群馬

どんな工事を受注できる?

 

鋼構造物工事(こうこうぞうぶつこうじ)

 

形鋼、鋼板等の鋼材の加工又は組み立てにより工作物を築造する工事

 

 
具体的には
 
鉄骨工事、橋梁工事、鉄塔工事、石油・ガス等の貯蔵用タンク設置工事、野外広告工事、閘門・水門等の門扉設置工事などです。
 
 

 

 

 

鉄骨の製作、加工から組み立てまでを一貫して請け負うのは「鉄骨工事」となり鋼構造物工事業になりますが、既に加工された鉄骨を現場で組み立てることのみを請け負うのは「鉄骨組立工事」となりとび・土工工事業になります。

専任技術者には、どんな資格や経験が必要?

必要な資格

 
次のいずれかの資格を持っている方を専任技術者にする必要があります。
 

 
建設業法「技術検定」

 

一級 土木施工管理技士
二級 土木施工管理技士(土木)
一級 建築施工管理技士
二級 建築施工管理技士(躯体)
職業能力開発促進法「技能検定」 鉄工(選択科目「製缶作業」又は「鋼構造物鉄工作業」)・製罐

 

資格がない場合

 
鋼構造物工事について、次のいずれかの実務経験がある方を専任技術者にする必要があります。
 

高校の指定学科卒業

5年間

大学・短大・高等専門学校の指定学科卒業

3年間

上記以外

10年間

※指定学科・・・土木工学、建築学又は機械工学に関する学科

経営業務の管理責任者にはどんな経験が必要?

 

法人の場合は、常勤の役員のうち1人が、個人事業主の場合は、事業主本人または支配人が次のいずれかに該当していることが必要です。

 

鋼構造物工事業に関して5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

 
例)
 
会社の取締役として5年以上、鋼構造物工事を請け負った経験がある。
 
個人事業主として5年以上、鋼構造物工事を請け負った経験がある。
 

鋼構造物工事業以外の業種に関して7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

 

例)

 

会社の取締役として7年以上、とび・土工工事を請け負った経験がある。

 

鋼構造物工事業に関して7年以上経営業務の管理責任者に準じる地位にあって、経営業務を補佐した経験を有する者

 

経営業務の管理責任者に準じる地位・・・法人の場合は役員に次ぐ地位、個人事業主の場合は事業主の地位に次ぐ職制上の地位
 
 
経営業務を補佐した経験・・・鋼構造物工事業に関する建設工事の施工に必要な「資金の調達」、「技術者の配置」、「下請業者との契約の締結」など経営者と同等程度の経営業務に従事した経験
 

 

 

無料!! 群馬の建設業許可相談

 

 

あなたの問題を、専門家と解決しませんか? 

 

       

担当行政書士:手塚 進

 

お電話でのご相談は027−364−2022
受付時間:9:00〜17:30 月〜金
定休日 :土日祝

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 事務所紹介・アクセス 申請実績・お客さまの声 申請代行に関するQ&A 報酬額・ご依頼の流れ