群馬県の建設業許可、更新、経審、変更届、社会保険加入なら高崎行政書士事務所にご相談ください。

絶対取るぞ!建設業許可@群馬

経営業務の管理責任者ってなに? 誰でもなれるの?

 
経営業務の管理責任者とは、許可を受ける建設会社の経営責任者とを言います。

 

 

長いので、経管(けいかん)と略して呼ばれます。

 

 

あなたの会社にいる常勤の取締役から1人を選ぶとになります

 

 

経営の責任者ですから、会社の代表取締役(社長)が経営業務の管理責任者になる場合が多いです。

 

 

もちろん、代表取締役以外の取締役でも要件さえ満たしていればOKです。

 

 

逆に、代表取締役でも要件を満たしていないと経営業務の管理責任者にはなれません。

 

 

経営業務の管理責任者が常勤であるかどうかの確認が厳しくなっています。

 

 

申請時には、健康保険証のコピーや源泉徴収簿の提出が義務付けられており、非常勤の取締役や、登記されていても名前だけの取締役などは認められません。

 

経営業務の管理責任者になるための要件は?

 

許可を受けたい業種で5年以上の経営経験があること

 

たとえば、防水工事業で許可を取りたい会社の場合

 

・防水工事業の許可を受けた会社(※)で5年以上取締役だった人
・防水工事業の許可を受けた個人事業主(※)で5年以上営業していた人

 

が常勤の取締役にいればOKです。

 

※許可を受けていない場合でも、過去の契約書や注文書などから、5年以上建設工事を請け負っていたことが証明できる場合はOKです。

 

許可を受けたい業種以外の業種で7年以上の経営経験があること

 

たとえば、とび・土工・コンクリート工事業で許可を取りたい会社の場合

 

・大工工事業のみの許可を受けた会社(※)で7年以上取締役だった人
・大工工事業のみの許可を受けた個人事業主(※)で7年以上営業していた人

 

が常勤の取締役にいればOKです。

 

※許可を受けていない場合でも、過去の契約書や注文書などから、7年以上建設工事を請け負っていたことが証明できる場合はOKです。

 

 

 

無料!! 群馬の建設業許可相談

 

 
一人で悩まずに、専門家に無料で相談してみませんか?
 
    高崎行政書士事務所(吉田会計グループ)
        担当行政書士 手塚進  

 

ネットでのご相談はコチラから
 
お電話でのご相談は027−364−2022
受付時間:9:00〜17:30 月〜金 土日祝は除く
 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 事務所紹介・アクセス 申請実績・お客さまの声 申請代行に関するQ&A 報酬額・ご依頼の流れ